こんにちは!

マネージャーです。

 

関東大学サッカーリーグ第20節駒澤大学戦の試合結果及び試合レポートをお知らせ致します。

日時:2019年11月16日(土)14:00kick off

場所:県立保土ヶ谷公園サッカー場

対戦相手︰専修大学

試合結果:○2-1

 

前半

15分 前田

34分 松崎

 

後半

83分失点

 

 

以下写真にて試合の様子をお伝え致します。

 

チームの攻守の要4年 坪川

専修大の猛攻を守護神として何度も凌ぎました4年 松本

クロスやサイドからの攻撃に参加3年 野本

試合中も何度も意見を伝えながらチームをまとめた3年 坂本

 

決勝点となる大きな二点目を決めた4年 松崎

待望の先制点を決めた1年 前田

先制点後の応援席

10番松崎11番小林

同時刻に行われた早稲田大学の試合結果を聞き少し苦い表情も。

 

試合後の選手の様子

 

関東リーグも残すとこ2

残留圏と勝ち点3

ここ2試合勝ちが必要な状況で常に勝ち続けてきた東洋大学

今節も勝利を目指し戦いました。

 

ここ2試合前半に得点を挙げ、逃げ切りに成功している東洋大

前半から果敢に攻めます。

専修大学が後ろからビルドアップするのに対して

東洋は積極的にプレスをかけます。

取ったボールを素早く前線につなげ

ゴール前まで運ぶ展開が続きます。

 

すると

 

前半15分試合が動きます。

相手CKのこぼれ球からカウンター

10番松崎が前線にドリブルで運び

左サイドを駆け上がってきた7番野本にパス

そこから11番小林に繋ぎやさしくボールを落とす

最後は28番前田が右足を豪快に振りぬきゴールネットを揺らす

その後も終始東洋ペース

すると34分スローインの混戦から

松崎がドリブルでペナルティーエリアに持ち込み

豪快に左足を振りぬく

これで2-0

前半は東洋優勢で終了

後半は専修大が勢いもって攻めてきます

しかしキャプテン坪川を筆頭に全員で体を張り

ゴールを守ります。

攻め込まれるシーンが続きますが

ゴールを割らせません

応援席からも大きな声援でピッチの中にいる選手を後押しします。

だが、83分にPKから失点してしまいます。

ここから崩れないのが今の東洋

最後まで全員で戦います

試合終了のホイッスル

2-1で東洋大学の勝利

早稲田大学は勝ち、流通経済大学が負けた為

流通経済大学は2部降格が決定

東洋大学と早稲田大学が残留をかけて最終節を迎えることになりました

今シーズンも残すとこ1試合のみ

奇跡の残留を果たすため

部員全員で全力で挑むのみです。

日頃からたくさんのご声援をいただいている

父母会、OB、OG、東洋大サッカー部ファンの方々

皆さんの声援を力に変え

最後まで東洋大学サッカー部を魅せます

ご声援の程よろしくお願い致します。

 

 

【次節のご案内】

日程:2019年11月23日(土)14:00kick off

場所:中央大学多摩キャンパスサッカー場

対戦相手:中央大学

会場へのアクセスは下記のURLからご覧ください。

https://www.jufa-kanto.jp/ground.php

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

マネージャー木村