こんにちは!

マネージャーです。

 

関東大学サッカーリーグ第22節中央大学戦の試合結果及び試合レポートをお知らせ致します。

日時:2019年11月23日(土)14:00kick off

場所:中央大学多摩キャンパスサッカー場

対戦相手︰中央大学

試合結果:●1-2

 

前半

20分 松崎

40分 失点

 

後半

43分 失点

 

 

以下写真にて試合の様子をお知らせ致します。

 

 

今節のスターティングメンバーです。

 

4年 小林拓夢

 

4年 松崎快

 

1年 前田泰良

 

4年 荒川勇気

 

4年 松崎の得点後

 

待望の先制点に、応援する選手やサブの選手も一緒に全力で喜びました

 

3年 坂本涼斗

 

3年 野本幸太

 

3年 土田直輝

 

4年 工藤友暉は最初で最後の関東リーグでした

 

2部降格という受け入れ難い現実に、感情を隠しきれません。

 

 

残り4節で勝ち点9差に離されてから、可能性をつなぎ続けて最終節を迎えることができました。

 

しかし、相手の中央大学は勝てばインカレ出場を決められるということで難しい試合になることが予想されましたし、悪天候の影響でピッチは多くの水が含まれスリッピーな環境に苦しまされました。

 

 

最初のチャンスは前半7分。GK松本からのロングボールを前田がヘディングし、そのボールを松崎がキープして最後は山下がシュートを打ちます。

 

12分にも坪川の競ったボールを荒川がひろってすぐにゴールを狙いますが、得点まで結びつかず。

 

相手に攻め込まれる時間も多くありましたが、待望の先制点は東洋大学に生まれました。

 

20分に松崎が個人で前に持ち込んで右足一閃。残留に一歩近づく大きな1点を得ました。

 

しかし、相手も勝ちが欲しいため、なかなか我々の思うようにはいきません。

 

40分には左サイドから逆にクロスを入れられ、その折り返しを決められて試合を振り出しに戻されます。

 

ただ、これまで多くの苦しい状況を乗り越えてきた部員一同はあきらめません。

 

応援の選手からも「まだいける!」や「これから!これから!」とプラスの声で勇気づけます。

 

 

後半も先手を取ろうと前のめりに、開始早々からCKを得ました。

 

15分にも坂本のロングフィードから荒川がキープし、松崎までつながりますが惜しくも得点までは結びつけず。

 

なかなかお互いにチャンスを決めきれない中、後半43分に試合は動きました。

 

右サイドから持ち上げられ、逆サイドのフリーの選手に渡り、キーパーとの11を決めきられ逆転を許してしまいました。

 

それでもあきらめずにCKを得て、最後の最後まで得点を狙いますが、時間は待ってくれることなく試合終了のホイッスルが鳴り響きました。

 

 

 

本日の結果により、2部降格が決まりました。

 

今年1年間は勝ちきれない試合が多く、苦しい時間が続きました。

 

自分たちのやっていることが果たしてあっているのか、目標を見失いそうになったことは多々あります。

 

『史上最高』という目標は関東リーグのピッチで表現することはできませんでしたが、集中応援での観客動員数を圧倒的に伸ばしたり、プロとの練習試合で40で勝利を収めたりと間違いなく4年生を中心にチームを成長させてくれました。

 

応援に関しては、『気持ちみせろよ 愛するマリノスのため』が今年の東洋を象徴していました。

 

どんなときでも 俺たちがそばにいる

共に戦え 愛する東洋のため

俺ら東洋 俺らだけの東洋

気持ちみせろよ 愛する東洋のため

 

きつい状況の時、この歌を歌えばチームが一丸に、ひとつになることができました。

 

こんなにも力を入れて、ピッチに立つ選手にパワーを送れる応援はありませんでした。

 

4年生がこのチームに残してくれたかけがえのないもののひとつです。

 

 

また、崖っぷちに立たされてからの3連勝。

 

最後に、あきらめないこと、ピッチに立てなくても全力の応援でチームに貢献できること、勝つことがどれだけ幸せかということを改めて身に染みるほど実感させられました。

 

このラスト4試合の感覚をここにいた全員、忘れてはなりません。

 

今年1年、苦しいチームの先頭に立って引っ張ってくれた4年生は計り知れないほどのプレッシャーと葛藤があったと思います。

 

そんな中、最後にチームを救い続けてくれたのも4年生でした。

 

「後輩が来年も1部リーグで戦えるように」全力を尽くしてくれた4年生のためにも必ず1年で1部リーグに復帰します。

 

 

簡単な道のりではないことは重々承知の上です。

 

ですが、私たちは上を目指し続けなければなりません。

 

来週から始動する新チームの下、悔しさを忘れずに精進して参ります。

 

 

今年1年、たくさんの方に応援していただきました。

 

心より感謝申し上げます。

 

たくさんの厳しいお言葉と同じくらい温かいお言葉も頂きました。

 

来年は、多くの方の期待に応えられるよう高みを目指してまいります。

 

引き続き、応援いただけると有難い限りです。

 

[追記]

リーグ戦の結果より、天皇杯学生系の部予備予選に出場することが決定致しました。

 

新チームへの温かいご声援もよろしくお願い致します。

 

【次節のご案内】

日程:2019年12月8日(日) キックオフ時刻未定

場所:未定

対戦相手:亜細亜大学

 

キックオフ時刻・試合会場等の情報は決まり次第お知らせ致しますので今しばらくお待ち下さい。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

マネージャー 大西