• こんにちは、マネージャーです。本日行われました試合についてお知らせいたします。

日時:2017年12月19日(火)
会場:流通経済大学フットボールフィールド
対戦相手:四国選抜

【試合結果】
△3-3

前半
18分 失点
31分 小澤
38分 小林拓夢

後半
26分 坪川
33分 失点
42分 失点

写真にて試合の様子をお知らせします。

本日のスタートメンバーです。

 

2年 小林拓夢

 

2年 大平

 

1年 小澤

 

1年 坂本

 

1年 野本

 

今大会エースナンバーを背負う2年 松崎

 

キャプテンを任された2年 朝妻

 

1年 長澤

 

逆転ゴールを喜ぶ2年坪川、2年小林、1年野本

 

2点目の起点となった1年小澤、1年坂本

 

 

得点後喜ぶ2年 坪川

 

1年 浦山

 

全日本大学サッカー新人戦が本日開幕いたしました。私たち東洋大学は関東第一代表として今大会に臨みます。グループリーグ初戦の相手は四国選抜。相手は選抜でどのようなチームかわからず始まった試合、スターティングイレブンは少し戸惑いながらの立ち上がりだったように思います。

 

序盤から相手にペースを握られ、流れを引き戻そうと一生懸命にプレーしていましたが、前半15分、CB1年の板倉が負傷退場してしまいます。嫌な流れが続く中、ロングスローのこぼれ球を押し込まれ先制を許してしまいました。まだ前半18分、東洋イレブンはゴールを求めてあきらめず果敢に攻め立てます。

前半31分、左サイドの1年野本の切り込みから1年小澤が押し込み、試合を振り出しに戻しました。その7分後も小澤の攻めのドリブルから2年小林のゴールを生み出し、前半を2-1とリードをしてハーフタイムを迎えます。

 

後半は前半のような立ち上がりにはならないよう集中して入りに気をつけました。SHの1年野本、2年松崎を中心に四国選抜ゴールを脅かします。

そろそろ追加点が欲しいと思っていた後半20分過ぎ、アクシデントが起こってしまいました。今回の試合でキャプテンマークを巻いているSB2年朝妻が相手との接触により脳震盪を起こしてしまい、またしても負傷退場。しかし、中断明けのCKで2年坪川が3点目を生み出し2点リード。やっと東洋ペースで試合が運べるようになりました。

ですが、その中で四国選抜に2点目を許してしまい、それが相手に流れを渡すきっかけとなり、残り3分のところで同点弾を浴びてしまいました。
それでも勝利を諦めない東洋イレブン。野本の果敢なドリブルから1年浦山にピンポイントクロスをあげますが、得点には結びつかず。そのまま試合は終了。なんとか勝ち点1を広い上げましたが、2点リードしていただけに勝ちたい試合でした。

ただ、ここで落ち込んでいる暇はありません。連戦が続き、負傷者も増えたため誰一人欠けてはならない総力戦になります。まずは目の前の2戦、グループリーグを突破するために全力で戦います。応援よろしくお願いします。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

マネージャー大西