こんにちは、マネージャーです。

本日行われました東京都サッカートーナメント 学生系の部予選の結果をお知らせいたします。

 

日時:2018年3月25日(日) 13:30 kickoff

場所:東洋大学朝霞サッカー場

対戦相手:慶応義塾大学

結果:○1-1 (PK 5-4)

前半

39分 失点

後半

27分 松崎

 

以下写真にて試合の様子をお知らせいたします。

 

2年 野本

 

2年 土田

 

4年 浦上

 

応援にも力が入ります

 

4年 小池

 

得点後喜ぶ4年丹代、3年小林拓夢、松崎(左から)

 

4年 高橋

 

3年 小林拓夢

 

3年 坪川

 

3年 朝妻

 

2年 市原

 

4年 渡辺星夢

 

4年 丹代

 

4年 坂元

 

PK戦を見守る控え選手たち

 

勝利を喜ぶ東洋イレブン

 

ついに2018シーズンが天皇杯東京都学生系の部予選にて始まりました。今シーズンから新たなユニホームを身に纏い、戦います。大事な一戦の相手は慶応義塾大学です。今シーズンは二部で戦うこととなっている慶応義塾大学ですが、昨年のリーグ戦は1勝1敗と五分の結果で決して侮れない相手です。

東洋大学ボールのキックオフで試合が始まりました。前半のボール支配率はそこまで差は無いように思われましたが、東洋大学エリアに攻め込まれる時間が多かったように思います。しかし、ディフェンスラインがしっかり集中し、前線と連携をうまくとってゴールラインを割らせません。ただ、前半39分にペナルティーエリア外からのロングシュートを許してしまい、均衡が破られてしまいました。1点は取られてしまったもののまだ時間はたくさんあるため、これ以上失点をせず、もっと得点するため守備から攻撃を作り出すことを注意して切り替えてプレーをしていました。

後半は追い風も功を奏してか、攻め込む時間が増えました。後半10分頃、ペナルティーエリア内でルーズボールに反応した坂元が相手に突っ込まれ倒されてしまい、PKを獲得しました。キッカーは高橋でしたが、残念ながら相手GKにコースを読まれてしまい弾き出されてしまいました。これで流れは相手に行ってしまうと思いきや、諦めず果敢に攻め続けたところ、後半27分、右サイドの市原、朝妻が連携して崩し、朝妻のクロスから小林拓夢がニアで潰れて、その後ろで松崎が飛び込みヘディングで同点弾を決めました。残りの時間も、高橋のCKからいいボールが入り、チャンスを作りますが、得点には至らず10分ハーフの延長戦に入ります。

延長前半は後半の流れのままゴールを狙いに行きますが得点することはできませんでした。延長後半は逆に慶大の攻撃に耐え、得点を許さずに延長戦でも決着は付かずPK戦に入ります。

慶大先攻で始まりました。1本目、GK小池が相手のコースを読み、足でPKをストップしました。ナイスセーブがいい流れを引き寄せ、キッカーの渡辺星夢、高橋、浦上、松崎、丹代は全員成功させPK戦の結果は5-4となり、勝利致しました。

先制され、なかなか思うようにボールを回させてくれないという難しい試合となりましたが、我慢強く守り、攻め続けて勝利をもぎ取ることができました。来週31日は法政大学と戦います。立正大学戦を見たところ、前線の早いプレスから連動した攻撃をしてくるチームです。来週までのトレーニングで調整し、再び勝利できるようにチーム一丸となって頑張っていきます。

今後とも東洋大学サッカー部の応援をよろしくお願いします。

 

【次の試合のご案内】

日時:2018年3月31日(土) 13:30 kickoff

場所:東洋大学朝霞サッカー場

対戦相手:法政大学

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

マネージャー 大西