8月15日(火)にジァイアントキリング研修として、
チームの達成経験を全体で体感する研修が行われました。

昨年同様、ゲームを始める前に
組織の成長には形成期→混乱期→規範期→達成期の
4つのステージがあることを学んだ上で、

1つ目に「ヘリウムリング」
2つ目に「バケッツボール」というゲームを行いました。

1つ目の「ヘリウムリング」は、
まず8〜10人の3グループに分かれ、
全員が人差し指を出し、その上にフラフープを乗せ、人差し指が触れた状態のまま床まで下ろしていくというゲームでした。

2つ目の「バケッツボール」は、
全員でブルーシートの端を持ち、ブルーシートの中にあるバケツの中にボールを入れ、バケツが立った状態で床に置けたら成功というゲームでした。

今回チャレンジした2つのゲームを通して、

自分の意見を伝えることの大切さや、
うまくいかない時に仲間の意見を聞き入れて解決策を考えるなど、サッカーにも共通する点でもあり、

これから開幕する関カレ、さらにその上のインカレを目指す為に何が大事なのか、必要なのか改めて気づくことができた研修となりました。

この貴重な経験を生かし、9月から始まる関カレにチーム一丸となって挑んでいきたいと思います!

また、8月17日(木)には、寮担当主催の決起集会を行われました!

いつも東洋大なでしこをご支援してくださっている方々も招き、バーベキューを行いました。

学年関係なく会話を楽しんだり、とても有意義な時間を過ごすことができ、より一層チームの団結力が強まった良い機会となりました。

これから始まる関カレでは、厳しい戦いが続く中でも、東洋大なでしこ36人全員で乗り越えていきたいと思います!

引き続き、ご支援とご声援よろしくお願いします!!