1月12日(金)味の素フィールド西が丘にて、準決勝が行われました。

対戦相手は早稲田大学でした。

初めて経験する大舞台での試合ということで、経験したことのない緊張感を直に感じた試合となりました。

前半、相手の攻撃に対して東洋なでしこは、体を張ったプレーで何度もピンチを防ぎながらも

相手ゴールを奪うべく果敢に戦い、両者一歩も譲らない展開が続きます。

試合が動いたのは前半終了間際でした。

ゴールエリア内での混戦から25番楠春佳選手が倒れながらのシュートで東洋なでしこ先制。

苦しい試合展開の中での貴重な1点を奪い、そのまま前半を1点リードで折り返します。

しかし後半開始早々、左サイドからのクロスボールにヘディングで合わせられ、、試合が振り出しに戻ります。

ですが、後半7分10番大内梨央選手が中央からのミドルシュートで相手ゴールを揺らし、再び東洋なでしこがリードしました。

相手の猛攻が続く中、遂に後半25分右サイドからのクロスボースにまたしてもヘディングで合わせられ失点。

その後も2-2のまま試合時間が過ぎていき、試合終了間際でした。

東洋なでしこゴール前で体を張るも失点。相手に逆転を許してしまいます。

残りアディショナルタイム、東洋なでしこ果敢に相手ゴールに奪いにいきましたが、2-3のまま試合終了。

目標である日本一には届かなかったですが、西が丘への切符を掴めたこと、準決勝という舞台に立てたことは

チーム全員の力はもちろん、監督、スタッフ含め普段から応援して下さる方々のおかげです。

本来負けたら終わりのトーナメント戦ですが、明後日には3位決定戦が控えています。

この試合が東洋なでしこ36人で戦う最後の試合になります。

最後は勝ってみんなで笑って終われるように、東洋なでしこ集大成で試合に勝利したいと思います!

本日も沢山のご声援ありがとうございました!

明後日の3位決定戦も応援よろしくお願いします!