野球

【動画】阪神のサイン盗み疑惑再び?ネットの声まとめ!【6月28日DeNA-阪神】

横浜DeNAと阪神の試合
スポンサーリンク

2022年6月29日に「サイン盗み」がトレンド入りしていました。

横浜DeNAと阪神タイガースの試合でサイン盗み疑惑があったようです。

動画もあったので、ネットの反応をまとめてみました!

スポンサーリンク

阪神のサイン盗み疑惑

阪神のサイン盗み疑惑が噂されたのは6月28日の横浜DeNAと阪神の試合です。

9回表に登板した山﨑康晃選手がかなり2塁ランナーの動きを警戒していますね。

拡大すると、キャッチャーの動きに合わせてランナーの頭が動いているように見えます。

キャッチャーが反対方向に動いた時に、ランナーの頭も同じ方向に動いてますね。

ごく僅かな動きですし、キャッチャーの動きを追っていたら自然に頭が動いただけのように見えますが、どうなんでしょうか?

阪神ファンからは怒りの声も上がっています。

調べてみると、過去の騒動が関係していることがわかりました。

スポンサーリンク

2021年のヤクルト-阪神の試合での出来事

高津監督と矢野監督

5回表2死一、二塁の場面で、ヤクルト側から二塁走者・近本のサイン盗みを指摘したと思われるアピールがあり、両軍ベンチから激しい声が飛び交い、試合が一時中断する騒ぎになった。

中日スポーツ

2021年7月6日のヤクルトと阪神の試合でサイン盗み疑惑がありました。

二塁ランナーの近本選手の腕の動きがバッターにサインを送っているように見えますね。

これに対しヤクルトの村上選手が審判にアピール。

阪神の矢野監督の罵声が中継カメラに拾われ、結果的に阪神のイメージが悪くなりました。

別角度から見ると、田口投手が見ている時に近本選手は腕を上げています。

牽制を警戒して帰塁するための動作に見えますね。

6日のヤクルト―阪神戦(神宮)で、阪神・近本にサイン伝達を疑われるような行為があったことについて、プロ野球セ・リーグの杵渕和秀統括は7日、阪神を注意したことを明らかにした。

杵渕統括は「近本の動作は紛らわしい動作、行為だったと率直に感じた。サイン盗みがあったとは思っていないが、紛らわしい行為はないに越したことはない。明日からの試合にはないように注意を伝えた」と話した。

毎日新聞

NPBもサイン盗みがあったとは認めていません。

紛らわしい行為はしないようにと注意するに止めています。

この時もサイン盗みがトレンド入りし、ネットでは物議を醸していました。

今回の二塁ランナーの動きはこの時の騒動があったために、ネット民が過剰反応しているみたいですね。

スポンサーリンク

【動画】阪神のサイン盗み疑惑再び?ネットの声まとめ!【6月28日DeNA-阪神】

今回は阪神のサイン盗み疑惑について調べました。

阪神はサイン盗みをしていないと思います。

2021年のヤクルト戦での紛らわしい行為と矢野監督の罵声でイメージが悪化し、サイン盗みを疑われるようになったようです。

スポンサーリンク