野球

【なぜ】根尾昂はかわいそう?迷走しすぎな投手転向までの流れまとめ!

根尾昂
スポンサーリンク

2022年6月13日、中日ドラゴンズの根尾昂選手が投手転向すると報道されました。

なぜ?と野球ファンの間に衝撃が走ったニュースですね。

スポーツ誌上では連日激論が繰り広げられています。

ネットを見ていると、投手転向までの流れが迷走しすぎてかわいそうという声が多く見られました。

気になったのでまとめてみました!

スポンサーリンク

根尾昂の投手転向までの流れ

根尾昂

大阪桐蔭高校時代は外野手、ショート、投手で甲子園に出場していた根尾昂選手。

2018年のドラフト会議で4球団から1位指名を受け、中日ドラゴンズに入団します。

入団後は野手として選手登録され、年々出場機会を増やしていました。

2022年シーズンの根尾選手は、

  • シーズン前は野手一本
  • 4月にショート再挑戦
  • 5月に投手としてプロ初登板
  • 6月に投手転向

このようにポジションが変わっています。

2022年シーズンの根尾昂選手の起用法を順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

シーズン前「外野一本で勝負」

根尾昂

新指揮官は「根尾を外野一本で勝負させます。打てればレギュラーとして考えますし。内野もうまくなっているが、外野で勝負した方が肩であったりがいきる。中途半端になってはいけない」。秋季キャンプ最終日のお昼に背番号7へ伝えたことを明かした。

スポーツ報知

2021年の秋季キャンプでの立浪新監督の言葉です。

2022年シーズンは外野手に専念し、特に打撃に力を入れる方針だったようですね。

中日根尾昂内野手、石川昂弥内野手が28日からの沖縄合同自主トレのため大島、大野雄ら一部選手とともに沖縄入りした。2年連続で1軍キャンプ発進の根尾は、「外野1本でレギュラー取ります」と宣言。

日刊スポーツ

2022年1月のキャンプイン時の根尾昂選手のインタビュー記事です。

本人も外野でレギュラーを取る意気込みでシーズンに向けて準備していたみたいですね。

4/21「チャンスがあるからショート」

根尾昂

中日の立浪和義監督(52)が21日、根尾昂外野手(22)をショートに再コンバートする意向を明かした。理由については「外野手がたくさんいるので今はチャンスがない。京田にライバルらしいライバルもいないのでね」などと説明。

中日スポーツ

シーズン開幕1ヶ月の4月21日、立浪監督は根尾昂選手のショート再コンバートを明言します。

複数の記事から理由をまとめると、

  • ショートのレギュラー京田選手が開幕から打撃不調
  • キャンプの段階では守備力で京田選手に敵わないため外野でチャンスを与えた
  • 根尾選手は外野でレギュラーを取れるほど打てていない
  • 根尾選手本人もショートをやりたいと言っている

レギュラーを取るには打力が足りないため、守備で勝負しようという方針のようです。

「守っていてやっぱりいいなと思いました。外野にも少しずつ慣れてきたというのもありますけど、やっぱりショートはいいなと思いました」

中日スポーツ

プロ入り時にはショートへのこだわりを語っていた根尾昂選手。

再コンバート後は前向きに練習に取り組んでいたようです。

チーム事情でポジションを変えられているようにも見えますね。

スポンサーリンク

5/8プロ初登板(二軍)

根尾昂

「2番・遊撃」で出場した中日の根尾昂選手が9回からマウンドへ。大阪桐蔭高時代にも立ったマウンドで、150キロを記録した投球がSNSでも話題に。

中日スポーツ

5月8日の二軍戦にショートで出場した根尾昂選手。

9回に5番手の投手として登板しました。

球速は150km/hを計測。

ネットでは賛否両論でしたが、二刀流を期待する声も見られました。

「もう、最高ですよね。シンプルに嬉しかったです。懐かしかったですし、ファンの人も入ってたので。うれしかったです」

デイリー

試合後の根尾昂選手のインタビューです。

登板したのが甲子園ということもあり、本人も投手での出場を楽しんでいたようです。

5/21プロ初登板(一軍)

根尾昂

中日の根尾昂外野手が21日、マツダスタジアムでの広島10回戦の八回にプロ初登板を果たした。1回を打者4人に投げ、15球で1安打無失点。最速は150キロをマークし「四回が終わって監督に(登板を)言われた。抑えられてうれしい」とほっとした様子だった。

日本経済新聞

5月21日の広島戦でプロ初登板を果たした根尾昂選手。

1-10と大差で負けていた敗戦処理という役割ですが、1回を無失点。

球速は二軍戦の時と同じく150km/hを計測しました。

これには野球ファン大盛り上がり!

立浪監督は「昨日も投手が多く投げ、最後に1人足りなかったので投げさせた。まだ真っすぐとスライダーだけ。簡単に四球を出さなかった。ストライクを投げられるだけでも。こういう展開で投げることはあるかもしれない」と“投手根尾”の再登板を示唆した。

指揮官は「根尾を生かしていかないといけない。今年1年で根尾のことは考えながらやっていきたい」と続けた。

日刊スポーツ

この試合では試合展開による緊急登板だったようですが、今後もあるかもと思わせる内容だったみたいです。

「点差もあったし思い切って投げられた。懐かしかったし、ファンの人も入っていたのでうれしかった」などと話していた。

スポニチ

根尾昂選手のコメントです。

投手出場を楽しんでいるように見えますね。

スポンサーリンク

6/5「投手をやるのであれば将来的には先発」

立浪和義

今季2試合に救援で登板している根尾の起用法について問われ「ようやく中継ぎは2試合ですけど、投手をやるのであれば将来的には先発ということは思っている」と話した。

日刊スポーツ

6月5日の立浪監督のコメントです。

中継ぎでの登板だった根尾昂選手ですが、将来的には先発をやらせたいと構想を語りました。

立浪監督は根尾について「ショートは本当に、あと少し守備が上達すれば全然打てなくてもいい。外野守備は素晴らしいものがある。本人にも『打てば使う』と言ってある」と話していた。要するに、根尾は外野も遊撃も、指揮官が求める水準に届いていないのだ。

日刊ゲンダイ

打撃と守備は立浪監督が求めるレベルに達していないという評価のようです。

高校時代から野手と投手を器用にこなしてきた根尾昂選手。

野手では起用が難しいから投手でということなんでしょうか?

「以前、片岡二軍監督が自身のYoutubeチャンネルで、『根尾のピッチャーというのは立浪監督が就任した時から話していた』と明かしていたでしょう。あれは嘘でも何でもない。立浪監督もまだ根尾の野手起用を諦めたわけではないが、プロ4年目の今季も成長があまり見えない。キャンプでブルペン入りさせたのは、話題作りや気分転換ではなく本気で投手転向を検討し始めたからです」(中日OB)

日刊ゲンダイ

根尾昂選手の投手起用については監督就任時から考えていたようですね。

根尾昂選手本人の意向はどうなんでしょうか?

登板後のインタビューでは楽しかったと言ってますが、気になりますよね。

6/13「投手転向」

中日根尾昂外野手(22)が、本格的に投手に挑戦することが決まった。13日、立浪和義監督(52)がリーグ戦再開に合わせて、外野手から投手登録に変更することを明かした。

日刊スポーツ

6月13日には投手転向が正式に発表されました。

野手をもうちょっとやらせてあげればという意見もありました。

根尾昂選手の起用方針に納得いかないという意見も多数見られます。

経緯をまとめてきましたが、チーム事情も大きく影響しているように見えますよね。

根尾昂選手本人は前向きに投手でやっていこうとコメントしています。

今後の活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク

【なぜ】根尾昂はかわいそう?迷走しすぎな投手転向までの流れまとめ!

今回は中日ドラゴンズの根尾昂選手の投手転向までの流れをまとめました。

シーズン中にポジションが何回も変わって調整が大変だったと思います。

投手でやっていくと決めたなら応援したいですね。

⬇⬇中日ドラゴンズの関連記事はこちら⬇⬇
【中日】根尾昂がなぜ人気かわかる理由5選!人柄よくて才能もある主人公っぽさが原因?

【ブチギレ動画】中日の波留コーチが激怒した理由がヤバい!パワハラ恫喝の声も?【6月12日日本ハム-中日】

【中日】ペドロ・レビーラの経歴wikiまとめ!結婚と家族(嫁子供)を調査!

スポンサーリンク