ドラマ

【鎌倉殿の13人】おんたらくそわかの意味!呪いの言葉って本当?

鎌倉殿の13人
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

5月29日放送の第21話「仏の眼差し」で登場したセリフ「おんたらくそわか」が話題になっています。

一体どういう意味なんでしょうか?

仏教の言葉のようですが、呪いの言葉っぽいという意見もあります。

ネットの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

「おんたらくそわか」とは

おんたらくそわか

5月29日放送の第21話「仏の眼差し」で「おんたらくそわか」という謎のワードが登場し、話題になっています。

どういう意味なんでしょうか?

虚空蔵菩薩の言葉っぽいという意見が見られました。

虚空蔵菩薩は仏教における信仰対象である菩薩の一尊。「明けの明星」は虚空蔵菩薩の化身・象徴とされ、明星天子、大明星天王とも呼ばれる。また、知恵の菩薩として、人々に知恵を授けるともいわれている

Wikipedia

「おんたらくそわか」で検索しても解説ページは見つかりませんでした。

三谷幸喜監督が裏話とかで教えてくれるといいんですけどね。

スポンサーリンク

ネットの反応

謎ワード「おんたらくそわか」に対するネットの反応を見てみましょう。

意味わからないので怖いという意見がありますね。

呪いの言葉なのでは?という意見もありました。

確かに呪文っぽいかも。

「おんたらくそわか」の「くそ」の部分に注目したツイートも見られました。

どういう意味かわからないといろんな推測が出ますよね。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】おんたらくそわかの意味!呪いの言葉って本当?まとめ

今回は「鎌倉殿の13人」に登場した「おんたらくそわか」というセリフに注目してみました。

仏教関連っぽい以外に詳しいことはわかりませんでした。

次回以降の放送で意味が明らかになるか注目して見てみようと思います。

スポンサーリンク