漫画家

高橋和希の年収・資産は100億?遊戯王原作者の印税はどれくらいか調査!

高橋和希
スポンサーリンク

社会現象にもなった人気カードゲーム遊戯王の原作者の高橋和希さん。

一体いくら稼いだんでしょうか?

高橋和希さんの年収や資産はいくらぐらいなのか、印税収入など内訳についても調べてみました!

スポンサーリンク

高橋和希の年収

遊戯王

1996年から2004年まで「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった「遊☆戯☆王」は、古代エジプトから伝わるパズルを完成させたことをきっかけに自分の中に別の人格を宿した高校生がゲームによって戦いを繰り広げる物語で、シリーズ累計発行部数は4000万部を超え、テレビアニメや映画化もされるなど大ヒットとなり、高橋さんの代表作となりました。

NHK

高橋和希さんの代表作「遊戯王」

1996年から2004年まで連載され、シリーズ累計発行部数は4000万部を超えたそうです。

1冊500円で印税を10%とすると、

500円×4000万部×10%=20億円

コミックスの印税収入は累計20億円と推定されます。

「最も稼いだマンガは『遊☆戯☆王』なんです。それも、ぶっちぎりダントツで」(前出・集英社関係者)

週刊女性PRIME

遊戯王より発行部数が多い作品はいくつもありますが、最も稼いだのは遊戯王だそうです。

これは、作中に登場するカードゲームをモチーフにした「遊戯王オフィシャルカードゲーム・デュエルモンスターズ(OCG)」の売上が大きいみたいですね。

青眼の白龍

「11年の時点でカードの累計発行枚数がおよそ252億枚。ギネスに“世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム”として認定されてもいます。20~30代の男性なら必ず一度は買ったり遊んだりしたことがあるはず。連載が終わった今も年間5~7億枚は売れているといいますから、現在の総発行枚数は公表されていませんが、350億枚くらいはいっているんじゃないですかね」(前出・玩具メーカー関係者)

週刊女性PRIME

引用したのは2021年1月の記事ですが、カードの総発行部数は350億枚くらいはいっていると推測できるみたいです。

『遊戯王OCG』でゲーム会社側から高橋先生に支払われる“使用料”は1%にも満たない金額だそうですから。1枚売れて……0.1円とか0.2円とか

週刊女性PRIME

カードの使用料は単行本ほど高橋和希さんには入ってこないみたいですね。

計算してみると、

0.1円×350億枚=35億円

カードゲームの売上から、35億円の収入があったと推定されます。

過去には長者番付にも高橋和希さんの名前が載っていました。

  • 2000年度は文化人部門で1位、推定所得:10億9800万(所得税額4億0369万円)
  • 2002年度は推定所得:2億1600万円(所得税額納税額7738万円)
  • 2005年度の会社の申告所得:5億1000万円

すさまじい金額ですね。

今でもカードは売れ続けているので、総資産は数十億~百億以上と推定されます。

スポンサーリンク

高橋和希の自宅(豪邸)

過去の番組で、高橋和希さんの自宅が公開されたことがありました。

高橋和希の自宅

自宅にビリヤード台が置いてあるようです。

高橋和希の自宅
高橋和希の自宅

ものすごい量のDVDとシアタールーム完備。

どれくらいの広さなのか、建築費用はいくらなのか、想像がつきませんね。

スポンサーリンク

ネットの声

ツイートを見ていると高橋和希さんがいかに偉大な漫画家だったかがわかりますね。

海外からも追悼のメッセージが投稿されています。

スポンサーリンク

高橋和希の年収・資産は100億?遊戯王原作者の印税はどれくらいか調査!まとめ

今回は高橋和希さんの年収や資産について調べてみました。

  • 総資産は数十億~百億円以上

影響力の大きさを考えるとこれぐらい稼いでいても不思議ではないでしょう。

ゆっくり休んでほしいですね。

スポンサーリンク